名作速読朗読文庫vol.601 Professional版 中原 中也 全集1 [pro-0910]

名作速読朗読文庫vol.601 Professional版 中原 中也 全集1 [pro-0910]

販売価格: 999円(税別)

(税込価格: 1,099円)

数量:

商品詳細

名作速読朗読文庫vol.601 中原 中也全集1読上機能付きProfessional版

中原 中也(なかはら ちゅうや、1907年(明治40年)4月29日 - 1937年(昭和12年)10月22日)は、
日本の詩人、歌人、翻訳家である 
代々開業医である名家の長男として生まれ、跡取りとして医者になることを期待され、小学校時代は学業成績もよく
神童とも呼ばれた   
中也は30歳の若さで死去したが、生涯で350篇以上の詩を残した。その一部は、結婚の翌年刊行した処女詩集『山羊の歌』、
および、中也の死の翌年出版された第二詩集『在りし日の歌』に収録されている。訳詩では『ランボオ詩集』や数は少ない
がアンドレ・ジイドの作品などフランス人作家の翻訳もしている。日本大学予科、中央大学予科などを経て
東京外国語学校(現在の東京外国語大学)専修科仏語部修了
作風は ランボー、ヴェルレーヌといった象徴派ふうの詩風だった。
その後宮沢賢治の詩集『春と修羅』に出会い、不思議な宇宙観と口語による響きに魅かれる。
生前の中也は『山羊の歌』の詩人として、小林秀雄、河上徹太郎らの友人から高く評価され、また室生犀星、草野心平、
萩原朔太郎らも独特な歌の世界を貴重なものとして見ていて 広汎な読者層を獲得した




本文内容見本

コキューの憶ひ出

中原中也

その夜私は、コンテで以て自我像を画いた
風の吹いてるお会式《ゑしき》の夜でした

打叩く太鼓の音は風に消え、
私の机の上ばかり、あかあかと明《あか》り、

女はどこで、何を話してゐたかは知る由もない
私の肖顔《にがほ》は、コンテに汚れ、

その上に雨でもバラつかうものなら、
まこと傑作な自我像は浮び、

軌《きし》りゆく、終夜電車は、
悲しみの余裕を奪ひ

vol 件数 選択       作者 タイトル    カテゴリー 文字数 文字量
601 1 日本文学 中原 中也 Me Voila ―― a Cobayashi 随筆499 小
601 2 日本文学 中原 中也 在りし日の歌 亡き児文也の霊に捧ぐ 随筆6693大
601 3 日本文学 中原 中也 アンドレ・ジイド管見  随筆 1779 小
601 4 日本文学 中原 中也 海の詩 ――人と海―― 小説 1821 小
601 5 日本文学 中原 中也 思ひ出す牧野信一    随筆 2608 小
601 6 日本文学 中原 中也 音楽と世態       随筆 3337 中
601 7 日本文学 中原 中也 家族       随筆 687 小
601 8 日本文学 中原 中也 金沢の思ひ出      随筆 2662 小
601 9 日本文学 中原 中也 河上に呈する詩論    随筆 803 小
601 10 日本文学 中原 中也 玩具の賦 昇平に    随筆 1181 小
601 11 日本文学 中原 中也 感情喪失時代   随筆 1682 小
601 12 日本文学 中原 中也 感想       随筆  314 小
601 13 日本文学 中原 中也 菊岡久利著「貧時交」  随筆 593 小
601 14 日本文学 中原 中也 近時詩壇寸感   随筆 1761 小
601 15 日本文学 中原 中也 草野心平詩集『母岩』  随筆 586 小
601 16 日本文学 中原 中也 雲        小説 239 小
601 17 日本文学 中原 中也 曇つた秋       小説 1320 小
601 18 日本文学 中原 中也 暗い天候       小説 446 小
601 19 日本文学 中原 中也 桑名の駅       随筆 255 小
601 20 日本文学 中原 中也 コキューの憶ひ出   随筆 222 小


この商品はアンドロイド専用タブレットならびにスマートフォンアプリです  アイフォンのタブレット、スマートフォンはご利用できません  ご利用するには、通常どおり、商品カートでお買い求めください
この商品の お支払いはクレジット又はペイパル、銀行前送金のみです  代金引換、後払い等は ご利用できません
デジタル商品の性格上、返品、返金はできませんのでご注意ください
お買い求めいただいた商品は メール添付でご送付いたします  アプリのインストール操作はお客様ご自身で行っていただきます   アンドロイド タブレット・スマートフォンへのインストール方法は下記に記載してあります

ご利用手順の概略です  
  タブレット・スマートフォンにインストーラーを導入
  タブレット・スマートフォンの設定
  ご購入いただいたデータ (apkファイル)をインストールする
  これで ご利用になれます

インストールの詳細です
1. タブレット・スマートフォンから APK Installer  とweb検索してください 
2. APK Installer がありましたらクリックして選択、インストールしてください
 --->これでインストーラーのインストールは終了です
3. タブレット・スマートフォン の設定 を変更します  設定--->セキュリテイ --->提供不明のアプリをインストールを許可する -->これで設定は完了です
4. ご購入いただいたデータ apkファイルを APK Installer をつかってインストールします
19. これで 終了です  これでご注文の商品はいつでもご利用いただけます



この商品はタブレット・スマートフォン専用アプリです 



誌上空前


学習塾専用速読能力開発ツール発売開始しました
他を寄せ付けない圧倒的なボリュームページと低価格です


名作速読朗読文庫vol.1 Professional版

名作速読朗読文庫とは


日本、世界の名作をカンタンに 聞きながら「読書」でき、速読の能力が高められる日本初のまったく新しい読書方法です
再生スピードは通常会話の10倍速前後まで、自由に変更できます 本が苦手で読んだことのない生徒さんでも、
また読めない漢字があっても大丈夫。朗読が耳から聞こえてくるので、どんどん読み進んでいけれます
大人なら誰でも知っている日本ならびに海外の名作が多く入っていますので 抵抗なく読書をしていただけます
この名作速読朗読文庫をご利用いただくと 通常の速度の読書の10倍以上の速読能力も身につけることは容易です
速読能力は 脳に刺激をあたえるため多くの利点があり 良い影響がでます 速く読めますと、1冊の本が速く読めるということになり、読書量も人の何倍も増えていきます最終的には学力は短期間でも飛躍的に向上することが科学的に証明されています
小学低学年からの児童用、中学生から高校生、そして大人にいたるまでの日本、そして世界の有名な名作をすぐ読了することが可能です もちろん 古典文学もはいっています  

ご活用メリット

だれでも本を読むスピードは確実に速くなり、短時間で多くの情報を処理する能力がつきます 学習の成績もおおきくのばせます 名作は多くの人生の縮図がはいっています学生時代に多くの本を読むことは 一生の財産となりますぜひ 名作速読朗読文庫をご利用して生徒さんの能力開発に寄与してください  


イラストは商品のイメージです




読書革命


13冊本が読める

簡単に速読が身につく読書能力開発ツール
聞いても見ても楽しめる一流名作文学を500冊
日本・世界の童話から古典まで不朽の名作を集大成  
だれでも すぐ利用可  小学低学年?中学生、高校生、大学生、 一般成人まで
また目がご不自由な方でもOK 
自動で読んでくれますので むつかしい漢字がわからなくてもどんどん読み進めれます
誰でもすべての方の読書量が劇的に増加!
□ただ聞くだけ
□文学の内容量の大小から選択可
□完了した読書量を数値でグラフ化
□現在の速読スピードを数値化
□設備は必要なし PC設置不要、ネット環境不要
□驚く程の低価格で使えます 初期費用不要
□すぐ導入可、すぐ他塾との差別化が実現可能!

*作品数/54点

 文字数/1,112,643文字
 
音声は商品をローコストでご提供するため女性ロボット音声です
日本語の文法は複雑なため、よみは完璧な音声発音ではありません
設定画面(1)

マニュアル

   
 設定画面(2)

   
縦画面 文字大

縦画面 文字標準
縦画面 文字小
横画面 文字大

横画面 文字標準

 横画面 文字小

   
     
背景色選択-ライトオレンジ

  背景色選択-グレイ   背景色選択-黒
     
 作品名選択

 
  
  作品名選択

   
     
  作家名選択

   
  
 作家名選択

   
     
 速読自動設定

 朗読手動  途中停止可
    
 途中停止可

   自由にページ選択可
     
 読了グラフ

 エンド画面

 履歴リセット画面

     
 連続結果の出力

   

▼この名作速読朗読文庫は下記の点にこだわり制作いたしました

・多くの端末で文字が綺麗に見えるよう、大きさと色味の調整に気を配りました。
 実際の小説や、読みものアプリなどを数多く参考にし、「縦書きで最も美しく見える行間や文字幅はどれか?」 
 と何度も試行制作いたしました

・端末を縦持ちでも横持ちでも、画面内の収まりが良い様に、両方を切り替えながら開発いたしました。
 
・読み仮名(ルビ)が読み易いよう、大きさと表示位置の調整にこだわりました

・画面を操作してから反応するまでの時間が早くなるよう、特にページめくりの際にストレスを感じないよう、
 データ構成を設計いたしました。

・速読自動の表現に関しては、文字の背景を変える、線を引くなど数種類試し、最も読み易かった文字の色を(赤く)
 変える方式を採用いたしました。 また、画面が停止している状態よりもダイナミックで学習感が増すため、
 1文字ずつ色が変わる形を選択致しました。

・朗読(テキスト自動読み上げ)に関しては、多くの文章を一度に 読ませようとすると準備時間がかかる、
 短すぎると途切れ途切れに聞こえるなど、大変難しい問題でした ちょうど良い長さになるように句読点間を調整致しました。

・ボタン類を下方に集めるなど操作しやすく、ご使用のユーザー様が極力ストレスを感じないよう、ゲーム操作している際と
 同等の基準で設計しています。