太陽系宇宙 A2サイズ版 [pro-0290]

太陽系宇宙 A2サイズ版 [pro-0290]

販売価格: 1,490円(税別)

(税込価格: 1,639円)

数量:

商品詳細

学習塾必需品の

教室掲載用太陽系宇宙 A2サイズ版


です

大型サイズ版
大サイズですので 毎日 見ることで興味がわき知識が豊かになります

この太陽系宇宙は 同名のschoolvalueシリーズのアプリと連動している日本初の商品です 

太陽系とは何でしょうか
太陽系とは太陽とその重力によってまわりを回っている惑星などの天体からなっています
私たちの太陽系は卵のようなだえん形で、中心に太陽があり常に動いています太陽は、一番大きな天体
で、太陽系全体の質量の99%以上を占めています
私たちの住んでいる地球はその太陽系に属しており、一番内側の水星から数えて3番目の惑星です

太陽系には、8個の惑星があります水星、金星、地球、火星は太陽に近い惑星で、地球型惑星と呼ばれます
木星、土星、天王星、海王星は外惑星と呼ばれています
4つの外惑星は、そのまわりにリングを持つ大きなガス状の惑星です惑星はすべて、それぞれの
軌道上で太陽のまわりをまわっています

この太陽系宇宙は それぞれの星についてくわしく知ることができます
サイズ A2 594mmx420mm


太陽系は約46億年前、星間分子雲の重力崩壊によって形成されたとされています。総質量のうち、ほとんどは太陽が占めており、残りの質量も大部分は木星が占めています。内側を公転している小型な水星・金星・地球・火星は、おもに岩石からなる地球型惑星で、木星と土星は、おもに水素とヘリウムからなる木星型惑星(巨大ガス惑星)で、天王星と海王星は、メタンやアンモニア、氷などの揮発性物質といった、水素やヘリウムよりも融点の高い物質からなる天王星型惑星(巨大氷惑星)です。8個の惑星はほぼ同一平面上にあり、この平面を黄道面と呼びます。

太陽から外部に向かって放出されている太陽風は、太陽圏と呼ばれる星間物質中に泡状の構造を形成しています。境界であるヘリオポーズでは太陽風による圧力と星間物質による圧力が釣り合っています。長周期彗星の源と考えられているオールトの雲は太陽圏の1,000倍離れた位置にあるとされています。銀河系(天の川銀河)の中心から約26,000光年離れており、オリオン腕に位置しています。

構造と組成
太陽系内の多くの惑星は、周囲を公転している衛星を持ち、太陽系において二次的な構造をなしています。また、4つの巨大惑星は周囲を公転する小天体からなる環を持っています。大きな衛星のほとんどは自転と公転が同期(潮汐固定)しており、片方の面を常に惑星に向けています。
太陽系の惑星はほぼ黄道面上を公転しています。太陽に近いほど、公転速度は速くなります。
ケプラーの法則では、太陽を公転する物体の軌道について示されています。この法則によると、太陽を公転している物体は太陽をひとつの焦点として、楕円で公転しています。太陽に近い(軌道長半径が小さい)物体は、より太陽の重力の影響を受けるため、高速で公転するようになります。楕円軌道では、公転するたびに軌道が変化し、太陽にもっとも接近する位置は近日点、もっとも離れる位置は遠日点と呼ばれます。惑星の軌道はほぼ円形だが、小惑星や彗星、太陽系外縁天体は極端な楕円軌道になっていることが多いです。こうした天体の軌道は数値モデルを用いて予測することができます。
太陽は太陽系全体の質量のほとんどを占めていますが、角運動量については約2パーセントしか占めていません
木星をはじめとする惑星の質量、軌道、太陽からの距離の組み合わせが、太陽系全体の角運動量の大部分を占め、彗星もそれに貢献しているとされています
太陽系のほぼ全体を構成する太陽は、約98パーセントが水素とヘリウムからできています。それ以外の構成のほとんどを占めている木星と土星も、おもに水素とヘリウムからできています。太陽系内では、太陽からの熱と光圧によって組成に差が生じており、原則、太陽に近い天体は融点の高い物質、遠い天体は融点が低い物質から構成されています。これらの物質が凝固する可能性のある境界線を雪線(フロストライン)という。たとえば、太陽系での水の雪線は、火星軌道と木星軌道の間になります。

距離とスケール
地球から太陽までの距離を基準とした単位を天文単位と呼び、1auは約1億5,000万キロに相当し、太陽の半径は0.0047au(70万キロ)となる。最大の惑星である木星は5.2au(7億8,000万キロ)離れており、もっとも遠い海王星は30au(45億キロ)離れています。
太陽から海王星までの距離を100メートルとすると、太陽の直径は3センチになり、巨大惑星はいずれも3ミリ以下の大きさになります。地球を含めた岩石惑星は、この縮尺に従うと0.3ミリ以下の大きさにしかなりません。一方で、太陽の直径を1メートルとすると、地球は107メートル、海王星は3.2キロ離れていることになります。

太陽
太陽は、太陽系における唯一の恒星で、もっとも質量の大きな天体です。太陽系の全質量の99.86パーセント(地球質量の33万2,900倍)を占めており、中心核で水素がヘリウムに変換する核融合反応を起こしているG型主系列星です。多くのエネルギーを放出しているが、電磁波の中では、可視光をもっとも宇宙空間に放射しています。

水星
水星は、太陽系の惑星でもっとも太陽に近い太陽系第1惑星。また、もっとも小さく、質量も小さいです。天然の衛星は持っていません。表面にはクレーターのほかに、形成初期に水星が収縮した際に形成された「尾根」」と呼ばれる地形があります。水星をまとっている非常に薄い大気は、太陽風によって巻き上げられたことなどにより形成されていると考えられています。ほかの地球型惑星よりも核が大きく、マントルが薄くなっており、その理由はまだはっきりとは分かっていません。仮説として、ジャイアント・インパクトのような巨大衝突で地殻が剥ぎ取られたり、太陽によって岩石質の地殻が蒸発したことにより、密度が高い惑星になったりした可能性などが示されています。

金星
金星は太陽系の第2惑星で、規模はもっとも地球に近いです。地球と同様に、鉄でできた核と分厚いケイ酸塩のマントル、分厚い大気があり、そして地質活動の痕跡も見られる。地球よりも非常に乾燥しており、大気圧は地球の90倍にも及びます。天然の衛星は持っていません。表面温度は400℃を超えており、これは太陽系の惑星の中ではもっとも高温です。この高い表面温度は、分厚い大気による暴走温室効果によって引き起こされています。現在の金星では地質活動は確認されていないが、大気の流出を防ぐ磁場がないため、火山活動などによって大気が供給されている可能性が示唆されています。

地球
地球は太陽系の第3惑星で、内惑星系の中ではもっとも大きく、高密度な天体です。また、プレートテクトニクスと生命の存在が確認されている唯一の天体でもあります。地球の大気は、ほかの惑星とは大きく異なり、生命活動によって大気の21パーセントを酸素が占めています。天然の衛星として月を持っており、太陽系の岩石惑星が持つ衛星の中ではもっとも大きいです。

火星
火星は太陽系の第4惑星で、地球や金星よりも小さいです。大気圧はわずか6.1ミリバール(地球の0.6パーセント)で、おもに二酸化炭素からなります。オリンポス山のような大規模な山や、マリネリス渓谷のような渓谷などがある表面から、200万年前まで地質活動が起きていた可能性が示されています。表面は酸化鉄(錆)に覆われているため、肉眼では赤く見える。火星は、小惑星帯から捕獲された小惑星か、火星で起きた巨大衝突によって放出された破片から形成されたとされます、2つの小さな衛星を持っています。

木星
木星は、太陽系の第5惑星で、太陽系でもっとも大きな惑星です。地球の318倍の質量を持ち、これはほかの惑星の全質量の2.5倍にもなります。おもに水素とヘリウムから構成されている。木星内部で生じている強い熱は、縞模様の雲や大赤斑など、大気中に半永久的な構造を作り出しています。木星は79個の衛星を持つことが知られており、特に大きなイオ、エウロパ、ガニメデ、カリストの4つはガリレオ衛星と呼ばれ、火山活動や内部加熱のような地球型惑星に似た地質活動が見られます。そのうち、ガニメデは太陽系最大の衛星で、水星よりも大きいです。

土星
土星は、太陽系の第6惑星。大きな環が特徴的だが、大気組成や磁気圏など、木星とよく似ている点が多いです。しかし、体積は木星の60パーセントにあたるが、質量は地球の95倍と、木星の3分の1にも満たないです。そのため、土星は太陽系の惑星で唯一、水よりも低密度な惑星です。土星の環は、おもに氷と岩石でできた小天体から構成されています。土星は、大部分が氷からなる82個の衛星を持つことが知られており、このうち、タイタンとエンケラドゥスの2つでは、地質活動の存在が示されています。タイタンはガニメデに次いで、太陽系内では2番目に大きな衛星で、こちらも水星より大きく、また太陽系内の衛星で唯一、濃い大気を持ちます。

天王星
天王星は、太陽系の第7惑星。質量は地球の約14倍で、外惑星系の中ではもっとも質量が小さいです。太陽系の惑星で唯一、太陽に対して横倒しで自転しており、その赤道傾斜角は90度を超えています。中心部の核はほかの巨大惑星よりも温度が冷たく、熱をほとんど放出していないとされています。27個の衛星を持っており、特にチタニア、オベロン、ウンブリエル、アリエル、ミランダの5つは比較的大型です。

海王星
海王星は、太陽系の第8惑星。大きさは天王星よりもわずかに小さいが、質量はやや大きく(地球の約17倍)、そのため密度も大きくなっています。また、天王星よりも内部から多くの熱を放射しているが、木星や土星ほどではありません。14個の衛星を持ち、もっとも大きなトリトンでは地質活動が起きており、液体窒素の間欠泉が存在することが確認されています。また、太陽系の大型衛星では唯一、主惑星の自転方向に対して逆方向に公転しています。海王星は、その外側に位置している太陽系外縁天体の一部を、1:1の軌道共鳴状態にさせています。