世界の名画集VOL.7 モネA2sizeフルカラー [pro-0266]

世界の名画集VOL.7 モネA2sizeフルカラー [pro-0266]

販売価格: 販売価格は会員のみ公開(税別)

商品詳細

クロード・モネ

生誕 1840年11月14日  フランス王国 パリ
死没 1926年12月5日(86歳) フランス共和国 ジヴェルニー
運動・動向 印象派

クロード・モネ(Claude Monet, 1840年11月14日 - 1926年12月5日)は、印象派を代表するフランスの画家。「光の画家」の別称があり、時間や季節とともに移りゆく光と色彩の変化を生涯にわたり追求した画家であった。モネは印象派グループの画家のなかでは最も長生きし、20世紀に入っても『睡蓮』の連作をはじめ多数の作品を残している。ルノワール、セザンヌ、ゴーギャンらはやがて印象派の技法を離れて独自の道を進み、マネ、ドガらはもともと印象派とは気質の違う画家だったが、モネは終生印象主義の技法を追求し続けた、もっとも典型的な印象派の画家であった

代表作品
『印象・日の出』(1872)マルモッタン美術館
『キャピュシーヌ大通り』(1873)ネルソン=アトキンス美術館(カンザスシティ)
『ラ・ジャポネーズ』(1875)(ボストン美術館)
『サン=ドニ街、1878年6月30日の祭日』(1878)ルーアン美術館
『積みわら』の連作(1888 - 1891)
『ポプラ並木』の連作(1891)
『ルーアン大聖堂』の連作(1892〜1894)
『睡蓮』の連作(1899 - )