高校入試によくでる ことわざ集 [pro-0254]

高校入試によくでる ことわざ集 [pro-0254]

販売価格: 1,380円(税別)

(税込価格: 1,518円)

数量:

商品詳細

A2(420× 594mm) フルカラー版ポスター 
日常で役立つことわざがすぐ覚えられ、入試にも役立ちます
ことわざは、鋭い風刺や教訓・知識などを含んだ、世代から世代へと言い伝えられてきた簡潔な言葉です。


ことわざは、経験そして知識の共有によって、長い時間をかけて形成されたものです 多くは簡潔で覚えやすいです。ある一面の真実を鋭く言い当てています。そのため、詳細な説明の代わりとして、あるいは、説明や主張に説得力を持たせる効果的手段として用いられることが多いわけです。

ことわざは、その文化に属する者の思考に、意識的あるいは無意識的な影響を及ぼす。ヨーロッパのそれぞれの文化のことわざは非常に似通っています。
ことわざの中にはしばしば、反対の意味を示すものがあります。例えば、「三人寄れば文殊の知恵」と「船頭多くして船山に登る」、「蛙の子は蛙」「瓜のつるには茄子はならぬ」と「氏より育ち」あるいは「とんびが鷹を産む」がある。前掲のことわざにも「女房と味噌は古い方がいい」という例があります。

高校入試やテストでも、毎回出題されます。しっかりおさえておきましょう

高校入試対策・国語の「よく出ることわざ」についてまとめています。とくに重要なものを取り上げているので、教養の範囲としても覚えておいても損はないです。

最近、言葉に関する知識問題についても、目がつくようになってきています。とりわけ、私立入試でも頻出されるので注意です。 これから挙げる特定のカタチに変化する動詞は、よく入試でも出題されるところですので、しっかりおさえましょう