名作速読朗読文庫vol. 9 Professional版 [pro-0239]

名作速読朗読文庫vol. 9 Professional版 [pro-0239]

販売価格: 販売価格は会員のみ公開(税別)

商品詳細

この商品はタブレット・スマートフォン専用アプリです このWEBの商品カートでは購入できません  ご利用の場合は google playのロゴをクリックしていただきgoogle playからダウンロードしてください お支払いはクレジット又はペイパルのみです デジタル商品の性格上、返品、返金はできませんのでご注意の上、ご利用ください


↑ここをクリック


誌上空前


学習塾専用速読能力開発ツール発売開始しました
他を寄せ付けない圧倒的なボリュームページと低価格です

名作速読朗読文庫vol.9 Professional版


名作速読朗読文庫とは


日本、世界の名作をカンタンに 聞きながら「読書」でき、速読の能力が高められる日本初のまったく新しい読書方法です
再生スピードは通常会話の10倍速前後まで、自由に変更できます 本が苦手で読んだことのない生徒さんでも、
また読めない漢字があっても大丈夫。朗読が耳から聞こえてくるので、どんどん読み進んでいけれます
大人なら誰でも知っている日本ならびに海外の名作が多く入っていますので 抵抗なく読書をしていただけます
この名作速読朗読文庫をご利用いただくと 通常の速度の読書の10倍以上の速読能力も身につけることは容易です
速読能力は 脳に刺激をあたえるため多くの利点があり 良い影響がでます 速く読めますと、1冊の本が速く読めるということになり、読書量も人の何倍も増えていきます最終的には学力は短期間でも飛躍的に向上することが科学的に証明されています
小学低学年からの児童用、中学生から高校生、そして大人にいたるまでの日本、そして世界の有名な名作をすぐ読了することが可能です もちろん 古典文学もはいっています  

ご活用メリット

だれでも本を読むスピードは確実に速くなり、短時間で多くの情報を処理する能力がつきます 学習の成績もおおきくのばせます 名作は多くの人生の縮図がはいっています学生時代に多くの本を読むことは 一生の財産となりますぜひ 名作速読朗読文庫をご利用して生徒さんの能力開発に寄与してください  


イラストは商品のイメージです



読書革命


13冊本が読める

簡単に速読が身につく読書能力開発ツール
聞いても見ても楽しめる一流名作文学を500冊
日本・世界の童話から古典まで不朽の名作を集大成  
だれでも すぐ利用可 小学低学年〜中学生、高校生、大学生、一般成人まで また目がご不自由な方でもOK 
自動で読んでくれますので むつかしい漢字がわからなくてもどんどん読み進めれます
誰でもすべての方の読書量が劇的に増加!
□ただ聞くだけ
□文学の内容量の大小から選択可
□完了した読書量を数値でグラフ化
□現在の速読スピードを数値化
□設備は必要なし PC設置不要、ネット環境不要
□驚く程の低価格で使えます 初期費用不要
□すぐ導入可、すぐ他塾との差別化が実現可能!

*作品数/56点

*文字数/1,178,156文字
 
音声は商品をローコストでご提供するため女性ロボット音声です
日本語の文法は複雑なため、よみは完璧な音声発音ではありません

NO 選択 作家名 作品名 カテゴリー 文字数 文章量
1 日本文学 紫式部 源氏物語 01 桐壺    日本文学-古典 17055
2 日本文学 紫式部 源氏物語 02 帚木    日本文学-古典 28138
3 日本文学 紫式部 源氏物語 03 空蝉    日本文学-古典 6984
4 日本文学 紫式部 源氏物語 04 夕顔    日本文学-古典 31460
5 日本文学 紫式部 源氏物語 05 若紫    日本文学-古典 31814
6 日本文学 紫式部 源氏物語 06 末摘花    日本文学-古典 20609
7 日本文学 紫式部 源氏物語 07 紅葉賀    日本文学-古典 17574
8 日本文学 紫式部 源氏物語 08 花宴    日本文学-古典 6909
9 日本文学 紫式部 源氏物語 09 葵    日本文学-古典 30298
10 日本文学 紫式部 源氏物語 10 榊    日本文学-古典 31213
11 日本文学 紫式部 源氏物語 11 花散里    日本文学-古典 2448
12 日本文学 紫式部 源氏物語 12 須磨    日本文学-古典 27193
13 日本文学 紫式部 源氏物語 13 明石    日本文学-古典 25208
14 日本文学 紫式部 源氏物語 14 澪標    日本文学-古典 20446
15 日本文学 紫式部 源氏物語 15 蓬生    日本文学-古典 13836
16 日本文学 紫式部 源氏物語 16 関屋    日本文学-古典 3153
17 日本文学 紫式部 源氏物語 17 絵合    日本文学-古典 10874
18 日本文学 紫式部 源氏物語 18 松風    日本文学-古典 13452
19 日本文学 紫式部 源氏物語 19 薄雲    日本文学-古典 19131
20 日本文学 紫式部 源氏物語 20 朝顔    日本文学-古典 13024
21 日本文学 紫式部 源氏物語 21 乙女    日本文学-古典 31339
22 日本文学 紫式部 源氏物語 22 玉鬘    日本文学-古典 26329
23 日本文学 紫式部 源氏物語 23 初音    日本文学-古典 8724
24 日本文学 紫式部 源氏物語 24 胡蝶    日本文学-古典 12564
25 日本文学 紫式部 源氏物語 25 蛍    日本文学-古典 11240
26 日本文学 紫式部 源氏物語 26 常夏    日本文学-古典 13245
27 日本文学 紫式部 源氏物語 27 篝火    日本文学-古典 1882
28 日本文学 紫式部 源氏物語 28 野分    日本文学-古典 10924
29 日本文学 紫式部 源氏物語 29 行幸    日本文学-古典 15978
30 日本文学 紫式部 源氏物語 30 藤袴    日本文学-古典 8972
31 日本文学 紫式部 源氏物語 31 真木柱    日本文学-古典 23796
32 日本文学 紫式部 源氏物語 32 梅が枝    日本文学-古典 11656
33 日本文学 紫式部 源氏物語 33 藤のうら葉    日本文学-古典 15308
34 日本文学 紫式部 源氏物語 34 若菜(上)    日本文学-古典 63143
35 日本文学 紫式部 源氏物語 35 若菜(下)    日本文学-古典 61636
36 日本文学 紫式部 源氏物語 36 柏木    日本文学-古典 25465
37 日本文学 紫式部 源氏物語 37 横笛    日本文学-古典 11908
38 日本文学 紫式部 源氏物語 38 鈴虫    日本文学-古典 8664
39 日本文学 紫式部 源氏物語 39 夕霧一    日本文学-古典 26715
40 日本文学 紫式部 源氏物語 40 夕霧二    日本文学-古典 21226
41 日本文学 紫式部 源氏物語 41 御法    日本文学-古典 11431
42 日本文学 紫式部 源氏物語 42 まぼろし    日本文学-古典 12993
43 日本文学 紫式部 源氏物語 43 雲隠れ    日本文学-古典 128
44 日本文学 紫式部 源氏物語 44 匂宮    日本文学-古典 8159
45 日本文学 紫式部 源氏物語 45 紅梅    日本文学-古典 8116
46 日本文学 紫式部 源氏物語 46 竹河    日本文学-古典 26174
47 日本文学 紫式部 源氏物語 47 橋姫    日本文学-古典 23234
48 日本文学 紫式部 源氏物語 48 椎が本    日本文学-古典 24634
49 日本文学 紫式部 源氏物語 49 総角    日本文学-古典 60851
50 日本文学 紫式部 源氏物語 50 早蕨    日本文学-古典 11322
51 日本文学 紫式部 源氏物語 51 宿り木    日本文学-古典 59302
52 日本文学 紫式部 源氏物語 52 東屋    日本文学-古典 43212
53 日本文学 紫式部 源氏物語 53 浮舟    日本文学-古典 48077
54 日本文学 紫式部 源氏物語 54 蜻蛉    日本文学-古典 38110
55 日本文学 紫式部 源氏物語 55 手習    日本文学-古典 44495
56 日本文学 紫式部 源氏物語 56 夢の浮橋    日本文学-古典 10482

設定画面(1)

マニュアル

   
 設定画面(2)

   
縦画面 文字大

縦画面 文字標準
縦画面 文字小
横画面 文字大

横画面 文字標準

 横画面 文字小

   
     
背景色選択-ライトオレンジ

  背景色選択-グレイ   背景色選択-黒
     
 作品名選択

 
  
  作品名選択

   
     
  作家名選択

   
  
 作家名選択

   
     
 速読自動設定

 朗読手動  途中停止可
    
 途中停止可

   自由にページ選択可
     
 読了グラフ

 エンド画面

 履歴リセット画面

     
 連続結果の出力

   

▼この名作速読朗読文庫は下記の点にこだわり制作いたしました

・多くの端末で文字が綺麗に見えるよう、大きさと色味の調整に気を配りました。
 実際の小説や、読みものアプリなどを数多く参考にし、「縦書きで最も美しく見える行間や文字幅はどれか?」 
 と何度も試行制作いたしました

・端末を縦持ちでも横持ちでも、画面内の収まりが良い様に、両方を切り替えながら開発いたしました。
 
・読み仮名(ルビ)が読み易いよう、大きさと表示位置の調整にこだわりました

・画面を操作してから反応するまでの時間が早くなるよう、特にページめくりの際にストレスを感じないよう、
 データ構成を設計いたしました。

・速読自動の表現に関しては、文字の背景を変える、線を引くなど数種類試し、最も読み易かった文字の色を(赤く)
 変える方式を採用いたしました。 また、画面が停止している状態よりもダイナミックで学習感が増すため、
 1文字ずつ色が変わる形を選択致しました。

・朗読(テキスト自動読み上げ)に関しては、多くの文章を一度に 読ませようとすると準備時間がかかる、
 短すぎると途切れ途切れに聞こえるなど、大変難しい問題でした ちょうど良い長さになるように句読点間を調整致しました。

・ボタン類を下方に集めるなど操作しやすく、ご使用のユーザー様が極力ストレスを感じないよう、ゲーム操作している際と
 同等の基準で設計しています。