名作速読朗読文庫vol. 2 Professional版 [pro-0232]

名作速読朗読文庫vol. 2 Professional版 [pro-0232]

販売価格: 販売価格は会員のみ公開(税別)

商品詳細

この商品はタブレット・スマートフォン専用アプリです このWEBの商品カートでは購入できません  ご利用の場合は google playのロゴをクリックしていただきgoogle playからダウンロードしてください お支払いはクレジット又はペイパルのみです デジタル商品の性格上、返品、返金はできませんのでご注意の上、ご利用ください


↑ここをクリック





誌上空前


学習塾専用速読能力開発ツール 発売開始しました
他を寄せ付けない圧倒的なボリュームページと低価格です

名作速読朗読文庫vol.2 Professional版

名作速読朗読文庫とは


日本、世界の名作をカンタンに 聞きながら「読書」でき、速読の能力が高められる日本初のまったく新しい読書方法です
再生スピードは通常会話の10倍速前後まで、自由に変更できます 本が苦手で読んだことのない生徒さんでも、
また読めない漢字があっても大丈夫。朗読が耳から聞こえてくるので、どんどん読み進んでいけれます
大人なら誰でも知っている日本ならびに海外の名作が多く入っていますので 抵抗なく読書をしていただけます
この名作速読朗読文庫をご利用いただくと 通常の速度の読書の10倍以上の速読能力も身につけることは容易です
速読能力は 脳に刺激をあたえるため多くの利点があり 良い影響がでます 速く読めますと、1冊の本が速く読めるということになり、読書量も人の何倍も増えていきます最終的には学力は短期間でも飛躍的に向上することが科学的に証明されています
小学低学年からの児童用、中学生から高校生、そして大人にいたるまでの日本、そして世界の有名な名作をすぐ読了することが可能です もちろん 古典文学もはいっています  


ご活用メリット

だれでも本を読むスピードは確実に速くなり、短時間で多くの情報を処理する能力がつきます 学習の成績もおおきくのばせます 名作は多くの人生の縮図がはいっています学生時代に多くの本を読むことは 一生の財産となりますぜひ 名作速読朗読文庫をご利用して生徒さんの能力開発に寄与してください  


イラストは商品のイメージです




読書革命


13冊本が読める

簡単に速読が身につく読書能力開発ツール
聞いても見ても楽しめる一流名作文学を500冊
日本・世界の童話から古典まで不朽の名作を集大成  
だれでも すぐ利用可  小学低学年〜中学生、高校生、大学生、 一般成人まで
また目がご不自由な方でもOK 
自動で読んでくれますので むつかしい漢字がわからなくてもどんどん読み進めれます
誰でもすべての方の読書量が劇的に増加!
□ただ聞くだけ
□文学の内容量の大小から選択可
□完了した読書量を数値でグラフ化
□現在の速読スピードを数値化
□設備は必要なし PC設置不要、ネット環境不要
□驚く程の低価格で使えます 初期費用不要
□すぐ導入可、すぐ他塾との差別化が実現可能!

*作品数/55点

 文字数/1,136,245文字
 
音声は商品をローコストでご提供するため女性ロボット音声です
日本語の文法は複雑なため、よみは完璧な音声発音ではありません

NO 選択 作家名 作品名 カテゴリー 文字数 文章量
1 日本文学 新美 南吉 赤とんぼ     日本文学-児童-物語 3449
2 日本文学 宮沢 賢治 ありときのこ     日本文学-児童-童話 1982
3 日本文学 宮沢 賢治 インドラの網     日本文学-児童-童話 5202
4 日本文学 宮沢 賢治 土神ときつね     日本文学-児童-童話 10411
5 日本文学 新美 南吉 うた時計     日本文学-児童-物語 4661
6 日本文学 新美 南吉 王さまと靴屋     日本文学-児童-物語 1115
7 日本文学 新美 南吉 おじいさんのランプ     日本文学-児童-物語 12730
8 日本文学 槙村 浩 おどり子の出世     日本文学-児童-物語 1322
9 日本文学 古川 アヤ お猫さん     日本文学-児童-物語 12037
10 日本文学 宮沢 賢治 かしはばやしの夜     日本文学-児童-童話 8276
11 日本文学 新美 南吉 がちょうの たんじょうび     日本文学-児童-物語 947
12 日本文学 宮沢 賢治 ガドルフの百合     日本文学-児童-童話 6276
13 日本文学 新美 南吉 蟹のしょうばい     日本文学-児童-物語 1052
14 日本文学 北条 民雄 可愛いポール     日本文学-児童-物語 2041
15 日本文学 宮沢 賢治 黄いろのトマト     日本文学-児童-童話 8603
16 日本文学 原 民喜 気絶人形     日本文学-児童-物語 1100
17 日本文学 宮沢 賢治 蜘蛛となめくじと狸     日本文学-児童-童話 8326
18 日本文学 槙村 浩 小犬と太郎さん     日本文学-児童-物語 1361
19 日本文学 宮沢 賢治 耕耘部の時計     日本文学-児童-童話 4637
20 日本文学 新美 南吉 こぞうさんの おきょう     日本文学-児童-物語 593
21 日本文学 新美 南吉 子どものすきな神さま     日本文学-児童-物語 1182
22 日本文学 槙本 楠郎 仔猫の裁判     日本文学-児童-物語 6209
23 日本文学 新美 南吉 最後の胡弓弾き     日本文学-児童-物語 17898
24 日本文学 宮沢 賢治 サガレンと八月     日本文学-児童-童話 5376
25 日本文学 宮沢 賢治 ざしき童子のはなし     日本文学-児童-童話 2229
26 日本文学 宮沢 賢治 さるのこしかけ     日本文学-児童-童話 4434
27 日本文学 宮沢 賢治 鹿踊りのはじまり     日本文学-児童-童話 6629
28 日本文学 宮沢 賢治 シグナルとシグナレス     日本文学-児童-童話 13597
29 日本文学 野口 雨情 少女と海鬼灯     日本文学-児童-物語 766
30 日本文学 平林 初之輔 少年探偵呉田博士と与一     日本文学-児童-物語 5782
31 日本文学 牧野 信一 四郎と口笛     日本文学-児童-物語 3142
32 日本文学 水谷 まさる シンデレラ     日本文学-児童-物語 7329
33 日本文学 牧野 信一 心配な写真     日本文学-児童-物語 2894
34 日本文学 宮沢 賢治 チュウリップの幻術     日本文学-児童-童話 7548
35 日本文学 牧野 信一 月下のマラソン     日本文学-児童-物語 2645
36 日本文学 槙本 楠郎 月夜のかくれんぼ     日本文学-児童-物語 3170
37 日本文学 宮沢 賢治 月夜のでんしんばしら     日本文学-児童-童話 4624
38 日本文学 野口 雨情 つね子さんと兎     日本文学-児童-物語 968
39 日本文学 宮沢 賢治 手紙 一     日本文学-児童-童話 1369
40 日本文学 宮沢 賢治 烏の北斗七星     日本文学-児童-童話 5479
41 日本文学 宮沢 賢治 鳥箱先生とフウねずみ     日本文学-児童-童話 3895
42 日本文学 宮沢 賢治 どんぐりと山猫     日本文学-児童-童話 6572
43 日本文学 牧野 信一 嘆きの孔雀     日本文学-児童-物語 22262
44 日本文学 野口 雨情 虹の橋     日本文学-児童-物語 5682
45 日本文学 槙本 楠郎 原っぱの子供会     日本文学-児童-物語 5842
46 日本文学 牧野 信一 晩秋     日本文学-児童-物語 2202
47 日本文学 新美 南吉 百姓の足、坊さんの足     日本文学-児童-物語 14865
48 日本文学 林 芙美子 ひらめの学校     日本文学-児童-物語 2684
49 日本文学 林 芙美子 ふしぎな岩     日本文学-児童-物語 3690
50 日本文学 牧野 信一 不思議な船     日本文学-児童-物語 1552
51 日本文学 宮沢 賢治 やまなし     日本文学-児童-童話 2910
52 日本文学 原 民喜 山へ登った毬     日本文学-児童-物語 489
53 日本文学 宮沢 賢治 よだかの星     日本文学-児童-童話 5502
54 日本文学 牧野 信一 喜びと悲しみの熱涙     日本文学-児童-物語 3086
55 日本文学 槙村 浩 私は紙である     日本文学-児童-物語 1456

設定画面(1)

マニュアル

   
 設定画面(2)

   
縦画面 文字大

縦画面 文字標準
縦画面 文字小
横画面 文字大

横画面 文字標準

 横画面 文字小

   
     
背景色選択-ライトオレンジ

  背景色選択-グレイ   背景色選択-黒
     
 作品名選択

 
  
  作品名選択

   
     
  作家名選択

   
  
 作家名選択

   
     
 速読自動設定

 朗読手動  途中停止可
    
 途中停止可

   自由にページ選択可
     
 読了グラフ

 エンド画面

 履歴リセット画面

     
 連続結果の出力

   

▼この名作速読朗読文庫は下記の点にこだわり制作いたしました

・多くの端末で文字が綺麗に見えるよう、大きさと色味の調整に気を配りました。
 実際の小説や、読みものアプリなどを数多く参考にし、「縦書きで最も美しく見える行間や文字幅はどれか?」 
 と何度も試行制作いたしました

・端末を縦持ちでも横持ちでも、画面内の収まりが良い様に、両方を切り替えながら開発いたしました。
 
・読み仮名(ルビ)が読み易いよう、大きさと表示位置の調整にこだわりました

・画面を操作してから反応するまでの時間が早くなるよう、特にページめくりの際にストレスを感じないよう、
 データ構成を設計いたしました。

・速読自動の表現に関しては、文字の背景を変える、線を引くなど数種類試し、最も読み易かった文字の色を(赤く)
 変える方式を採用いたしました。 また、画面が停止している状態よりもダイナミックで学習感が増すため、
 1文字ずつ色が変わる形を選択致しました。

・朗読(テキスト自動読み上げ)に関しては、多くの文章を一度に 読ませようとすると準備時間がかかる、
 短すぎると途切れ途切れに聞こえるなど、大変難しい問題でした ちょうど良い長さになるように句読点間を調整致しました。

・ボタン類を下方に集めるなど操作しやすく、ご使用のユーザー様が極力ストレスを感じないよう、ゲーム操作している際と
 同等の基準で設計しています。