世界の名画集VOL.2 ポール・ゴーギャン [pro-0252]

世界の名画集VOL.2 ポール・ゴーギャン [pro-0252]

販売価格: 販売価格は会員のみ公開(税別)

商品詳細

世界の名画集VOL.2 ポール・ゴーギャン 
画像データ付き
大版ポスター 日本に公開されてない作品も収容されています

ウジェーヌ・アンリ・ポール・ゴーギャン
フランスのポスト印象派の画家
1848年6月7日-1903年5月8日
ゴッホとの共同生活
1888年、ゴーギャンは、南仏アルルに移っていたゴッホの「黄色い家」で、9週間にわたる共同生活を送った。
しかし、2人の関係は次第に悪化し、ゴーギャンはここを去ることになった。12月23日、ゴッホがゴーギャン
に対しカミソリを持って向かってくるという出来事があり、同じ日の夜、ゴッホが左耳を切った。
翌日、ゴッホはアルルの病院に送られ、ゴーギャンはアルルを去った。2人はその後二度と会うことはなかったが、
手紙のやり取りは続け、ゴーギャンは、後に、アルルでゴッホに画家としての成長をもたらしたのは自分だと主張している。

代表作品
タヒチの女
我々はどこから来たのか
黄色いキリスト
説教あとの風景
二人のタヒチ女